So-net無料ブログ作成
検索選択
みとよ再発見 ブログトップ
前の10件 | -

仁尾の古い町並み散策32 [みとよ再発見]

仁尾の古い町並み散策特集一部の最終回です。
辻の札場です。
江戸時代のおふれなどを掲示した高札場です。

詳しくはここに書いています。

辻の札と普門院です。

来年はもっと細かく仁尾の街並を散策してみようと思ってます。


仁尾の古い町並み散策31 [みとよ再発見]

開店前のふたば食堂です。中華そばおいしいです。

中橋酢造の蔵かな

仁尾酢のホウロウ看板がええですね!

仁尾独特の防火用水槽です。


仁尾の古い町並み散策30 [みとよ再発見]

七寶山吉祥院(きっしょういん)の門の横に
気になる石柱がありました。なんて書いているんでしょう?

古い旅館の看板です。

ここは旅館だったんですね!


仁尾の古い町並み散策29 [みとよ再発見]

七寶山吉祥院(きっしょういん)

吉祥院の万寿はく
仁尾町指定天然記念物


仁尾の古い町並み散策28 [みとよ再発見]

ふたたび街の方へ...
八紘山が正面に見えます。
バックの高い山は妙見山のようです。

こういう水路が残っているのは嬉しいですね。

ここでもありました。仁尾独特の防火水槽。


仁尾の古い町並み散策27 [みとよ再発見]

履脱(くつぬぎ)八幡宮の南にあるお旅所までの松林です。

履脱(くつぬぎ)八幡宮のお旅所です。

お旅所から履脱(くつぬぎ)八幡宮の方を見ました。


仁尾の古い町並み散策26 [みとよ再発見]

履脱(くつぬぎ)八幡宮の沿いの道路(境内)です。

八幡神社の歴史は鎌倉時代の仁治2(1241)年3月4日に,草木庄に地頭,藤原政澄が山城国男山八幡宮(石清水八幡神社)の神霊を小山の峰にまつったのが始まりといわれています。しかし,平安時代の後期(1158年)にはすでに石清水八幡宮の荘園となっていたので,あるいは,その時代のころまで創建はさかのぼるかも知れません。
応永2(1395)年に現在の場所に移転したと伝えられています。


仁尾の古い町並み散策25 [みとよ再発見]

この壁もなまこ壁かな??...めずらしのでパチリ

八幡大橋です。ここを渡れば八幡神社へ

道ばたにお地蔵さんがありました。


仁尾の古い町並み散策24 [みとよ再発見]

懐かしい雰囲気の街並です。

中二階の窓がある家があります。


仁尾の古い町並み散策23 [みとよ再発見]

古い建物がありました。

ここにもコンクリート製の防火用水の水槽がありました。



前の10件 | - みとよ再発見 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。